「Slang」がわかると、英語がぐっと身近になります。

   

英語でも
日本語と同じように

「書く言葉」と
「話す言葉」が違います。

たとえば

書き言葉:
「私はお腹がすきました」

話す言葉:
「腹へった!!」

という感じ。

そしてそれは
英語でも同様にあって

口語=「Slang(スラング)」と言います。

映画や日常会話では
よく使われていて

たとえば

書き言葉:Clam down
スラング:Chill out

書き言葉:Angry
スラング:Piss off

書き言葉:I don’t know
スラング:Beats me

などなど
まだまだいろいろありますが

SlangはSlangで
勉強してみると

結構面白かったりします(^0^)

スクリーンショット 2014-10-20 13.29.47

 - 最新情報