1週間のダンス留学で得られるもの

   

「1週間からダンス留学はできますか?」
「1週間のダンス留学でも意味はありますか?」

リビングアメリカでは
短期ダンス留学に関するお問い合わせも
よく頂きます。

リビングアメリカのダンス留学は

語学学校に通って
午前中は英語の勉強

そして午後から
ダンスのレッスンを受ける
「英語+ダンス留学」と

ダンスレッスンのみの
「ダンス集中留学」の

2つのプログラムがあります。

そしてこの2つのプログラム
どちらも1週間からのダンス留学が可能です。

「本場アメリカで
 ダンスレッスンを受けてみたい!!」

みなさん気持ちは同じですが

学校や仕事
そしてそれぞれの立場や環境で

留学期間は異なります。

もちろん長く留学できれば
こしたことはないのですが

それでは1週間のダンス留学では
いったい何が得られるのか?

それは、ずばり
「刺激」だと思います。

1週間のダンス留学の場合
スケジュールは下記のようになります。

1日目(日曜日):ロサンゼルス到着  
         滞在先にチェックイン
         ダンススタジオ同行サポート
2日目(月曜日):レッスン開始
6日目(金曜日):レッスン最終日
7日目(土曜日):日本へ帰国

1週間のダンス留学の場合
留学生の方は、ほとんどみなさん

1日3、4レッスン
受けられています。

つまり1週間のダンス留学で
15~20レッスンを受けることになります。

そのレッスンでは

技術的なことも
学べると思います。

ですがそれ以上に
本場でレッスンを受けて

先生からだけでなく
生徒同士からも刺激をもらったり

自分の中の課題点に気がついたり

日本のレッスンでは
感じられないことを感じ取ったり

ダンス留学自体は
1週間という短い期間で終わりますが

留学をして得た
「刺激」は

日本に帰った後の
ダンスレッスンに大きな影響を
与えるものだと思いますし

「またLAに戻ってきたい!!」

という
新たな目標をもって

頑張るかもしれません。

そしてレッスンだけではなく

「もっと英語が話せたら良かったのに」
というダンス留学生の方がほとんどで

「日本に帰ったら、英語の勉強も頑張ります」
とみなさん仰って帰っていきます。

留学期間だけで
得られるものを考えてしまうと

「1週間」という期間が
あっという間ですが

留学期間で得られる経験を考えると

それは「一生もの」だと思います。

スクリーンショット 2014-10-14 21.06.19

 - 最新情報