プロダンサー:Sumiさんにインタビュー

   

アメリカでプロダンサーになりたい

 

「将来アメリカでダンサーとして活躍したい!!」

 

と思っている留学生がたくさんいます。

 

でも

  • どうやって仕事は見つければいいの?
  • ビザはどうなるの?
  • オーディションって受けれるの?

などなど

 

知りたいやことはたくさんあると思います。

 

リビングアメリカでも
留学生から

 

アメリカのダンスでのお仕事について
たくさんお問い合わせを頂きます。

 

そんな留学生の疑問に答えるべく

 

今ロサンゼルスで
プロとして活躍している

 

日本人ダンサー
「SUMIさん」に

 

インタビューをしてきました。

 

プロダンサー:SUMI OSHIMA

 

【経歴】
15歳でダンスを始め、主にPOPPINというスタイルを極める。

魁極龍というチームで相方のYULIと女性ポッパーチームとして活動を始め
2012年のJust Deboutではトップ4、翌年にはファイナルまで進んだ。

ロサンゼルスに拠点を移し世界音楽祭のグラミーで
Tribe Called Questのバックダンサーとしてパフォーマンスをし

音楽アプリで有名なPandoraで
世界的有名なラッパーBig Seanとの共演を果たす。

Music VideoではJustin Timberlake
そして若手歌手のAri Bと共演を果たし

ダンス以外でもモデルのお仕事もアメリカでしている。

今はSumi率いるいるMarie Poppins from France、Dassy from Korea
Lily from Mexicoの女性ポッパーでFemme Fatalというチームで活動中。

そしてアメリカでの大きなイベントWOD
Salsa Fesにも呼ばれ今年のDance Delightファイナルにも選ばれる。

 

お仕事はどうやって見つけるの?

ダンス留学生が聞きたいことNO1

 

それはやっぱり

「どうやったらアメリカで
プロダンサーになれるのか??」

 

ということですよね。

 

インタビューでは

ダンスのスキル
ダンスに対する情熱・想いから

 

  • どうやって仕事を見つけたのか?
  • どうやって仕事に繋げたのか?
  • オーディションは?
  • ビザは?

などなど

 

留学生が気になることを

片っ端から聞いてきました。

 

さらにインタビューでは

  • ダンスを始めたきっかけ
  • アメリカに来たきっかけ
  • 日本とアメリカのダンスの違い
  • アメリカで得たこと
  • 留学したときの英語力
  • 苦労したこと・よかったこと

などなど

 

思いつくことも
全部聞いてきました。

 

インタビュー音声:そのまま配信

インタビューは

インタビューしたままの
音声をそのまま配信させて頂きます。

 

本当に他では聞けない
貴重なお話をして頂きました。

 

ぜったいに!
ゼッタイに!!
絶対に!!!!

 

これからの留学生のダンスの夢にとって
役に立つ内容になっています。

 

お申込みフォーム

 

[contact-form-7 id=”3896″ title=”Sumiさんインタビュー・お問い合わせ”]

 - ダンス留学, プロダンサー:インタビュー, 最新情報