ロサンゼルス空港の知っておくと安心情報

   

ロサンゼルス国際空港

ダンス留学で
というよりも

 

すべての留学で
初めに到着する場所

 

それは「空港」です。

 

 

「おい、おい
今さら何を言っているの?」

 

という声が
聞こえてきそうですが

 

逆に当たり前すぎて
結構見逃すのが

 

この空港の情報です。

 

これだけは知っておこう!!

 

ダンス留学の場合
ほとんどの質問は

 

「ダンススタジオ」
「オススメの先生」
「ダンスレッスン」
「滞在方法」
「留学費用」
「現地の治安」

 

などなど
たくさんありますし

 

たくさん頂きますが

 

今まで空港についての
お問い合わせは

 

もらったことはありません。

 

実は空港でも
知っておいた方がいいことが

 

いくつかあるのです。

 

やっぱり気になる入国審査

 

空港では
まず気になるのは

 

「入国審査」だと思います。

 

初めて英語を使う場面ですし

 

知っておかなきゃいけないことも
たくさんあって

 

とっても大切です。

 

だってここで
アメリカに入国できるかどうかが

決まるのですから。

 

もし入国できなかったら

 

そもそも留学自体ができません、、、

 

という

とっても大切な入国審査なのですが

 

今回のタイトルは

「ロサンゼルス空港の知っておくと安心情報」
ですので

 

入国審査については

 

別の機会に
詳しくご説明するとして

 

今回は空港の安心情報を
お話したいと思います。

 

とにかくたくさんのお迎えの人が、、、

まず飛行機がつくと

 

一番初めに待っているのが
「入国審査」です。

 

入国審査は
別の機会にお話しするとして

 

入国審査が無事に終われば

 

次は荷物を受け取ります。

 

そして税関を通り
出口に出ればお終いです。

 

「???」

と思ってしまうほど

 

とっても簡単な
プロセスですが

 

実は出口に出た後に
注意が必要なのです。

 

それは出口には
とってもたくさんの人が

 

お迎えのカードをもって
待っているからです。

 

お迎えの人がいない!!!

 

入国審査が終わって
やっと出てきた出口

 

そこにはお迎えのスタッフさんが
自分の名前のプレートを持って待っている

 

 

、、、はずが

 

 

あまりの人の多さと
ネームプレートの多さに

 

どれが自分のお迎えの人なのか
わからない

 

しかも後ろからは
たくさんの人がでてくるから

 

 

立ち止まって
探すのも申し訳ない、、、、

 

そのまま進んでいくと

 

「お迎えの人がいない」
ということになってしまいかねません。

 

今までの留学生でも
アメリカに到着してから

 

「お迎えの人が来ていません!!」

 

と連絡をもらったことがありますが

 

これは正確には

「お迎えの人を見つけることができません」

となります。

 

ここで一つ

覚えておいて欲しいこと

 

それは

 

お迎えのスタッフは
留学生の顔がわからない

 

ということです。

 

つまり

スタッフから留学生に
声をかけることができない

 

ということなのです。

 

スタッフは
留学生のネームプレートを持って

 

留学生から声がかかるまで

 

待ってるしかないのです。

 

諦めないで

留学生が自分のネームプレートを

探すのを諦めた時点で

 

 

もう出会うことはできない

 

 

つまり留学生からすれば

 

「お迎えの人が来ていません!!」

という状況になります。

 

 

留学生が特に

高校生などの未成年の場合

 

探すのを諦めてしまうケースが多いのですが

 

お迎えのスタッフは
留学生のネームプレートを持って

空港の出口で待っています。

 

たくさんのネームプレートがあって

 

ちょっとビックリすると思いますが

 

 

しっかりゆっくり
探してみれば

 

必ずスタッフはいますので

 

 

留学生のほうから
声をかけてあげてくださいね。

 

 

 

 - ダンス留学, ロサンゼルス空港, 最新情報