語学学校を選ぶ基準は??費用?カリキュラム?それとも日本人留学生の率?

   

語学学校を選ぶ基準は??

ダンス留学する時に
せっかくだから

 

英語も一緒に勉強したい
という留学生もたくさんいます。

 

そんなときの語学学校選び

どの学校にすればいいのか
現地のことがわからないだけに

 

悩んでしまうところですよね。

 

しかも語学学校によって
費用がぜんぜん違ったりするし

 

比較しようにも
費用以外何を比較すればいいのかも

わかりませんよね。

 

留学会社の説明会

 

留学会社に問い合わせたり
留学の説明会に行ったり

 

はたまた個別にカウセリングを受けたりしても
何もわかっていないだけに

 

相手の勧めるがままになっている可能性も、、、

 

 

インターネットで語学学校を検索をすると
たくさんの情報がでてきても

 

留学会社のページがドバッと出てくるので

結局はそこにある留学会社に
問い合わせをして

 

相手の勧めるがままになっているかも、、、、

 

 

目的はやっぱり、、、

 

語学学校を選ぶ基準ですが
そもそも留学する目的は

 

NO1が英語の上達だと思います。

 

だったらカリキュラムがしっかりしている
語学学校がオススメです。

 

そしてカリキュラムがしっかりしている
語学学校を見分ける方法ですが

 

格安語学学校を避ける
というのが

 

しっかりとしたカリキュラムがある
語学学校を見つける方法です。

 

例えばロサンゼルス

 

語学学校は山ほどあって
値段の高い語学学校から

 

格安語学学校まで
本当にたくさんの語学学校があります。

 

まず知っておいて欲しいのは
学校の値段が高いのには

 

ちゃんと理由があるということです。

 

そして学校の値段が安いのにも
ちゃんと理由があります。

 

まず学校の値段
つまり学費が高い理由ですが

それは学校のカリキュラムがしっかりしている
ということです。

 

具体的にオススメの学校は??

 

ロサンゼルスでいうと
サンタモニカにあるECだったり

 

ハリウッドにあるキングスが
それにあたります。

 

具体的に何かしっかりしているのかというと
例えばECであれば

 

留学が始まる前から
ECオンラインで英語の事前学習ができます。

 

これは学校にお申し込みが
終わるとすぐに

 

スマホやタブレットを使って
オンラインで学習できるソフトを使うことができます。

 

留学中ももちろん使うことができて
留学中はレベルテストの案内やテスト結果

 

それに対するアドバイスなども

 

全部ECオンラインに記録されて
いつでも確認できます。

 

また授業前の予習も
オンラインでできます。

 

さらに留学が終わって
日本に帰国した後も3ヶ月間は

 

無料でECオンラインを使って
英語の勉強をすることができます。

 

そしてECの授業は
毎日の授業でコミュニケーションを中心に

勉強して行くのですが

 

「英語の上達」だけに
フォーカスしているわけではなく

 

自分の考えをもつ
自分の意見をキチンを発言できる

といった

 

考える習慣を持つカリキュラムが
組まれているので

 

日頃から「自分だっ たらこうする、こう思う」
と考える習慣を身に付けておくことで

 

授業中にも 積極的に発言でき

 

それが結果として英語力の向上に
繋がる仕組みになっています。

 

さらに、、、、、

 

とまだまだあるのですが

これ以上説明して行くと

今回の内容が
学校の選びからではなく

 

ECのキャンペーンみたいになっちゃうので
これぐらいでやめておきます。

 

そしてハリウッドのある
キングスも同じように

 

しっかりとしたカリキュラムで
英語を学ぶことができる語学学校です。

 

格安語学学校

 

 

そしてそれとは反対に
安い語学学校ですが

 

それになりに安い理由があります。

 

それをこれから説明していきますが

 

まず初めに勘違いして欲しくないのは
安い語学学校が良くない

といっているわけではありません。

 

僕が言いたいのは
安い学校ではなくて

 

極端に授業料が安い
格安語学学校はカリキュラムが

 

あまり信用できない学校が多い傾向にある
ということを言いたいわけです。

 

この前置きはとっても大切なので
もう一度確認しておきますが

極端に授業料が安い
格安語学学校はカリキュラムが

あまり信用できない学校が多い傾向にある、、、です。

 

実態はどうなっているのか

 

それではその格安語学学校ですが

どんな学校が多いかというと

 

まず授業がちゃんとやっていない学校があります。

 

どういうことかというと

学校によっては
生徒が全然出席していなくて

いても生徒が二人ぐらい
そして先生も遅刻してきて

 

授業内容も先生と生徒が
1時間雑談をしておしまい

とか

 

遅れてきた先生が
早く帰るという考えられない授業だったりとかがあります。

 

これはリビングアメリカの
留学生ではありませんが

 

他の留学生から聞いた実際にある
語学学校の話です。

 

なんでこんなことになるのか
なんでこんな学校が存在するのか

というのには

 

実は理由があります。

 

みんな知らない留学事情

 

 

留学の場合

3ヶ月間以内のビザを申請しない留学と
3ヶ月以上のビザを申請する留学の2種類があります。

 

3ヶ月以内の留学の場合
観光扱いになるので

 

基本的には学校に行っても行かなくても

 

実は留学生の自由で

 

出席率が悪いからといって
特にペナルティーはありません。

 

ただ留学期間が短い留学生は
せっかくの留学期間を無駄に過ごしたくない

という思いが強いので

 

 

みなさん
とてもよく勉強しています。

 

あ!!

すいません。

 

今更ですが
これはアメリカに留学する場合のお話です。

 

そして3ヶ月以上の
ビザを申請しての留学の場合

 

学校に通うことは
絶対条件なので

 

授業の出席率がとても大事で

ほとんどどの語学学校も
80%以上の出席率がビザをサポートする
条件になっています。

 

まあ結論から言うと
留学生がみんな一生懸命

 

勉強していれば問題ないのですが

 

そうでない留学生もいるわけです。

 

留学期間が長くなると
初めの頃は一生懸命勉強していても

 

ちょっとずつ気が緩んできて

車も買ったりして
行動範囲も広がって

いろんなことが自由にできるようになって

 

気がついたら
学校をサボって遊んでばっかり

 

という留学生がいるのも事実です。

 

ただ初めに言ったように
3ヶ月間以上のビザを取っての留学の場合

 

学校には80%以上の
出席率が必要です。

 

これを下回ると
ビザがなくなり

 

日本に強制帰国です。

 

ただ自由なアメリカ
やりたいことができるアメリカ

 

誰の束縛も受けないアメリカに
慣れてしまって

 

日本に帰りたくない

 

日本に帰って
現実を向き合いたくない

と言う思いから

 

どうにかしてアメリカに残る方法がないか
と考えます。

 

そこの需要が生まれて

 

そんな留学生の希望に応えるように
出席率に厳しくない語学学校がでてくるわけです。

 

生徒が特に出席しなくも
問題ない語学学校なので

 

当然授業料も安くなるわけです。

 

留学の目的がずれると、、、、

 

 

 

これが極端に学費の安い
格安語学学校の仕組みで

 

そんな語学学校に通っている留学生

 

まあ正確には通っていないので
席を置いている留学生は

 

授業には出席せずに
遊んでいるか

 

もしくはバイトをしたりして

生活費を稼いでいるかのどちらからです。

 

 

なので格安語学学校の授業には

生徒が少なく

 

学校側もその状況を十分に理解しているので

 

きちんとしたカリキュラムがなく

先生もちゃんと授業をしない傾向にあります。

 

 

そもそもなんで格安語学学校は

 

他の語学学校は出席率80%以上を
留学の条件にしているのに

 

出席率を気にせずに

留学生を受け入れることができるのか
というと

 

 

これは非常にグレーな部分で

 

この部分を国に指摘されて潰れた語学学校は
たくさんあります。

 

つまり指摘されるまで大丈夫

 

指摘されなければ大丈夫

 

と言う方針で学校を運営しているように
僕は思います。

 

 

なのでリビングアメリカでは
格安語学学校は一切紹介していないですし

 

 

実際に学校には視察に行っているので

授業内容を見ると一目瞭然なので

 

 

留学生には絶対に案内しないようにしています。

 

 

留学費用が高い語学学校がいい

安い語学学校が悪いと

 

極論を言っているわけではないのですが

 

 

極端に学費の安い

 

格安語学学校はあまり学校自体が
よくないケースが多いので注意が必要です。

 

おまけ

 

 

 

最後にちょっとおまけですが

 

留学のお問い合わせで
「語学学校の日本人の率」をよく聞かれます。

 

やっぱりせっかく留学するんだから

英語の環境にどっぷり浸かりたい

 

と言うことで

 

日本人の少ない語学学校に行きたい

ということで頂くお問い合わせです。

 

 

ただここでも注意してもらいたいことがあります。

 

それはどんなに日本人の少ない

語学学校でも

 

 

日本人留学生は

低いレベルに集中すると言うことです。

 

 

日本人はどんなに英語ができない

と思っても

 

他の国の留学生に比べると

 

読み書きと話す聞くのスキルの差が

極端にあります。

 

日本人がいっぱい???

 

 

学校初日には

クラス分けのテストがあるのですが

 

 

読み書きができても

 

言っていることが理解できない

発言ができないので

 

 

基礎のレベルのクラスから

スタートする日本人がほとんどです。

 

 

つまり日本人留学生の率が

高い語学学校でも

 

 

反対に低い語学学校でも

日本人留学生は

下のレベルに集中しているので

 

 

日本人留学生があまりいない語学学校を

選んだはずなのに

 

 

クラスには日本人がたくさん

と言うこともしばしばあります。

 

 

 

せっかく留学するのであれば

留学中は英語の環境にどっぷりと浸かりたい

 

 

そうなりたいのであれば

留学する前から

日本でできる範囲でいいので

 

 

英語の勉強をして留学することをお勧めします。

 

 

ちょっとでも英語の基礎ができていれば

英語の上達が早くなりますし

 

 

留学中は日本人の少ないクラスで

授業を受けることができるので

 

一石二鳥でいいことだらけと言うわけです。

 - ダンス留学, ポッドキャスト, 最新情報, 語学学校