プロダンサー:AYANOさんにインタビュー

   

アメリカでプロダンサーになりたい

 

「将来アメリカでダンサーとして活躍したい!!」

 

という夢のあるダンス留学生が
大勢いらっしゃいます。

 

でも

  • どうやって仕事は見つければいいの?
  • ビザはどうなるの?
  • オーディションって受けれるの?

などなど

 

現地の情報って
なかなか手に入らないですよね、、、、

 

リビングアメリカでも
留学生から

 

アメリカのダンスでのお仕事について
たくさんお問い合わせを頂きます。

 

そんな留学生の疑問に答えるべく

 

今ロサンゼルスで
プロとして活躍している

 

日本人ダンサー
「AYANOさん」に

 

インタビューをしてきました。

 

プロダンサー:AYANO

 

【経歴】

日本でSMAP, TV show “Rave 2001”などをきっかけに
ストリートダンスを始める。

2007年、短期ダンス留学の為3ヶ月渡米。

帰国後すぐにアメリカでキャリアを積む決意を固め
2008年に再渡米をする。

 

世界から競合ダンサーが集まるダンススタジオ
Millennium Dance Complex
Debbie Reynolds で
毎日トレーニングを積み

 

渡米わずか一年以内に
ダンス事務所のオーディションに合格し

キャリアをスタートする。

 

多数のMV/コマーシャル/ショーなどに出演。

 

最近ではダンスショー Hip Hop Nutcrackerで
全米ツアーを果たす。

 

アーティストやTeaching の方面でも活躍し

現地ロサンゼルスで Kinjaz
 Boogie Zone Utopiaの2スタジオでクラスを持つ。

 

経歴: MV 2 Chainz feat Travis Scott “ 4am” 
NIKE commercial, PUMA  commercial, Heineken commercial

MV GEM “Heartbeat” MV “Youtube Rewind “
Hip Hop Nutcracker National Tour  他多数。

 

お仕事はどうやって見つけるの?

ダンス留学生が聞きたいことNO1

 

それはやっぱり

「どうやったらアメリカで
プロダンサーになれるのか??」

 

ということですよね。

 

インタビューでは

ダンスのスキル
ダンスに対する情熱・想いから

 

  • どうやって仕事を見つけたのか?
  • どうやって仕事に繋げたのか?
  • オーディションは?
  • ビザは?

などなど

 

留学生が気になることを

片っ端から聞いてきました。

 

さらにインタビューでは

  • ダンスを始めたきっかけ
  • アメリカに来たきっかけ
  • 日本とアメリカのダンスの違い
  • アメリカで得たこと
  • 留学したときの英語力
  • 苦労したこと・よかったこと
  • ダンスに対する姿勢

などなど

 

思いつくことも
全部聞いてきました。

 

インタビュー音声:そのまま配信

インタビューは

インタビューしたままの
音声をそのまま配信させて頂きます。

 

本当に他では聞けない
貴重なお話をして頂きました。

 

ぜったいに!
ゼッタイに!!
絶対に!!!!

 

これからの留学生のダンスの夢にとって
役に立つ内容になっています。

 

お申込みフォーム

 

 - ダンス留学, プロダンサー:インタビュー, 最新情報